犬とパンダと英語ときどきワイン

英語とか語学とかワインとか

【洋書一冊読み切ろう!】話は国を救う大きな展開へ!Beast Quest 1 [Chapter 4] 【バーチャル輪読】

バーチャル輪読第5回です。今回はChapter 4、ここで物語も折り返しです。

今回の課題書籍

Ferno the Fire Dragon (Beast Quest  #1)

 Ferno the Fire Dragon (Beast Quest)

語数:9,971
YL:3.5
 
私が読んでいるのはKindle版です。書籍だとUK版と同一内容と思われます。

※この先は本のネタバレを含みます。

 

 

知っておくと良いかもしれない単語など

intently 熱心に

strained 緊張した、くじいた

somehow どういうわけか

avalanche なだれ

spine 背筋、背骨

 
avalancheは冬になるとよく新聞でも目にする単語です。気象用語もいろいろあって覚えるのが大変ですね。

 

注目の表現

"Tom's mouth felt dry."

 

緊張して口が乾く、という表現です。日本語から直訳しようとするとfeelは出てこないと思います。

 

サマライズ!

なるべく一行で話の要点をまとめるコーナー。それは違うだろ!って突っ込みがあればコメントにお願いします。
 
Tomは王様と魔術師Aduroから国を守っているBeastsの存在と、この事件を引き起こした敵のMalvelの存在を知り、Beastsを操っている首輪を解除するためのカギを渡され、成り行きに任せてこの国を救うことになったのだった。
 

なんとなくドラクエ3を彷彿とさせる王様の態度。そして敵の名前がMalvelとわかりましたが、これも洋書では定番の敵の名前に"Mal"がつくルール。"Mal"には"悪い"という意味があります。ハリーポッターにもいましたよね?