犬とパンダと英語ときどきワイン

英語とか語学とかワインとか

【洋書レビュー】GRのホラー第四弾は「ドラキュラ」でお馴染みのブラム・ストーカー!!

今回の書籍

Tales of Horror

Tales of Horror: Elementary (Macmillan Readers)

語数:9,800

YL:3.0

 

やっぱり高いけどiTunesでオーディオ発見。

 

'Tales of Horror' for Learners of English (Abridged  Fiction)

'Tales of Horror' for Learners of English (Abridged Fiction)

  • Bram Stoker, John Davey
  • Audiobooks
  • ¥2100

 

まとめと感想

CDが最高!環境音、ネズミが走る音、鳴き声……GRのCDではかなりクオリティの高いものだと思います!

なので上の画像もちゃっかりCD付きをリンクしちゃってます。

収録されている話は、

  • The Judge's House
  • The Iron Maiden
  • The Return of Abel Behane

すべてホラーですが、これまで紹介したM.R.Jamesやポーとはやや異なり、残酷性、言ってみればグロテスクな感じがより一層強いです。

なので、「あー、ドラキュラ書いた人ね。とりあえず読んでみるかー」と読んでみるとショックを受けるかもしれません。少なくとも私は、どの話も何年も前に読んだのに忘れることはありませんでした。それぐらいインパクトがあります。

原書より表現はマイルドになっていますが、まさに恐怖を味わいたい方にはピッタリだと思います。