犬とパンダと英語ときどきワイン

英語とか語学とかワインとか

【Kindleで多読】Kindleで売ってるじゃん!な洋書まとめ その1

※すべての情報は記事作成時のものですので、突然販売されなくなる、Amazonのリンクが変更される、そもそもKindleという名前じゃなくなっている等々あるかもしれませんのであらかじめご了承ください。

 

以前の記事で電子書籍化された洋書(主に児童書)を書いたのですが、これってKindle本で多読とか、そういったカテゴリでまとめておいたほうが便利かな、と思ったので改めてエントリーを作ります。

いきなりすべてまとめてしまうとネタ切れするので、1エントリーで5つのアイテム(シリーズ)の紹介に留めます!5つたまったら次のエントリーに移りますね。

 

Cam Jansenシリーズ

Cam Jansen: The Mystery of the Stolen Diamonds #1

Cam Jansen: The Mystery of the Stolen Diamonds #1

 

表紙と中の挿絵にかなりギャップがあると思っているのは私だけでしょうか。これより若い時代(この時でも十分若いというか子供なんだけど)はポニーテールでしたね。そっちはKindle化されてないみたいですが。。。

参考(Kindle本じゃないです)

Young Cam Jansen and the Dinosaur Game

Young Cam Jansen and the Dinosaur Game

 

 

 

Nate the Greatシリーズ

Nate the Great

Nate the Great

 

淡々と進むお子様探偵シリーズ。好きな人がとっても多いシリーズですよね。スピンアウトとしてOlivia Sharpシリーズもあったりします。

参考(Kindle化されてました)

The Pizza Monster (Olivia Sharp: Agent for Secrets)

The Pizza Monster (Olivia Sharp: Agent for Secrets)

 

 

 

Rainbow Magicシリーズ

Rainbow Magic: The Rainbow Fairies: 1: Ruby the Red Fairy

Rainbow Magic: The Rainbow Fairies: 1: Ruby the Red Fairy

 

半端ない巻数がある妖精さんシリーズ。当サイトではRainbow Fairiesシリーズをすべて紹介しましたが、その次のシリーズからもKindle化されています。

 

 

Magic Tree Houseシリーズ

Magic Tree House #1: Dinosaurs Before Dark (A Stepping Stone Book(TM))

Magic Tree House #1: Dinosaurs Before Dark (A Stepping Stone Book(TM))

 

良い子のための知育的児童書。日本の子供向けの本ではこういったのは見たことないなぁーというシリーズ。物語になっている本編と、内容を解説した学習書的なFact Trackerシリーズがあります。朗読はAudibleで販売されてますが、著者のMaryさん自身が読まれています。すごく良い感じです。

参考(Fact TrackerシリーズもKindle化されてました)

Magic Tree House Fact Tracker #1: Dinosaurs: A Nonfiction Companion to Magic Tree House #1: Dinosaurs Before Dark (A Stepping Stone Book(TM))

Magic Tree House Fact Tracker #1: Dinosaurs: A Nonfiction Companion to Magic Tree House #1: Dinosaurs Before Dark (A Stepping Stone Book(TM))

 

 

 

Dragon Slayers' Academyシリーズ

The New Kid at School #1 (Dragon Slayers' Academy)

The New Kid at School #1 (Dragon Slayers' Academy)

 

主人公の名前はいったいなんと読むんだろう?と疑問だったシリーズ。翻訳本はブックオフの児童書コーナーとかでよく見ますが、日本語タイトルを見ると子供向け感がよりいっそう強くてがっかり感がありますね。

 

と、こんなところで5つのシリーズを紹介しました。他にもいろいろありますが、それはまた次回に。